◆ Midnight LoVE ◇

出逢いはMMORPG 。15歳年下彼との秘密の恋が始まった…

切ない夢…*

デート日記がまだ途中ですが😓


帰って来て少しウトウトしていた時、彼の夢を見ました😳

でも…💦


私「ウトウトしてたら、Y*ちゃんの夢見たけど切なかった(´;ω;`)」


その時は丁度彼が仕事終わりだったので、スルーでした。


私が寝ぼけていたので再び…


私「Y*ちゃんに彼女いる夢見ちゃった(´;ω;`)」


彼「変な夢見たね(´;ω;`)」


短い夢でしたが、その夢というのが…


彼に彼女がいる設定で、私とのデートで何故か二人はお花屋さんにいました。

彼は、フラワーアレジメントの可愛い💐を作ってもらっていました。


「彼女にプレゼントするんだ😊💐」

笑顔で話す彼。

彼女には、するんだね…私には、そんな事してくれないのに。


複雑な私の表情を悟られないように、

「いいなー、じゃあ私にも💐プレゼントしてー♪」

明るく、冗談ぽく彼に言ってみました。


それからみるみると悼まれない気持ちになっていき…

切なすぎて目が覚めました。


そんな話を彼にして。


彼「なんじゃそりゃw

E*の前でそんな事しないし言わないよ♪」


「( o´ェ`o)ノ(。ノω\。)゚・。」


私「(ノω・、) ウゥ・」


「思い出したら泣けてきた(。>д<)」

本当に涙が出てきて。。


私「勿論、Y*ちゃんはそんなことしないって分かってるよ!」


彼「うん♪(*´▽`*)」


私「なんでだろね?この間プレゼントの話してたからかな^_^; しかも💐って…笑」


彼「柄じゃないわ!!www」


私「だからなんだよ。「あー、彼女にはあげるんだね。」って思っちゃってまた切なくなってた^_^;」


彼「柄じゃない事は絶対やらないよwww」


私「💐は、男性は買うの恥ずかしいよね^_^;

女性は欲しいって人もいるけど。」


彼「1回も花なんて買った事ないし」


意外だった…笑


彼「もし子供や姪っ子とか居たらあげてるかもだけど!」


私「奥さんにもでしょ?(*´艸`*)」


「あ…妬いちゃうかも…(自爆」😂


彼「奥さんにはわからないな( ̄▽ ̄;)

それよりも他の物買えって言われそうw」


私「えー、記念日とかお誕生日に💐って私だったらすごい嬉しいけどな」


「欲しいものがあるなら、買わされるかもね^_^;」


彼「うんwww」


私「私は、Y*ちゃんとまたお揃い買えるのが楽しみだよ♪(*´▽`)💕💕💕」


彼「えへへ(//∇//)💞×⑥」


好きすぎて夢に出てくれるのは嬉しいけど、今日みたいのは嫌だなー😓

いつかは現実になるんだろうけどね。。


ご訪問、ありがとうございます😊